スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | 

<米失業率>2月も改善8.9%に 順調な回復裏付け・・・いよいよ本格的な回復へ

JUGEMテーマ:転職活動

 

いよいよ景気回復が本格化してきました。
日本は政局の不安定から、景気回復が遅れる可能性がありますね。
世界各国から取り残されないよう、なんとかついていって欲しい・・・
と願うばかりです。

昨年夏以降、求人数は着実に増えています。
今から当面は新卒対応の時期となり、中途採用は一時少なくなりますが、
この状況ですと、5月以降はかなり期待できるのではないか・・・
と思っています。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000119-mai-bus_all
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<米失業率>2月も改善8.9%に 順調な回復裏付け
毎日新聞 3月4日(金)23時30分配信

 【ワシントン斉藤信宏】米労働省が4日発表した2月の雇用統計(速報値)によると、失業率は8.9%と前月比で0.1ポイント低下し、09年4月(8.9%)以来1年10カ月ぶりの低い水準となった。改善は3カ月連続。市場予想(9.1%)も下回り、雇用の順調な回復ぶりを裏付けた。米景気の先行きに対する楽観的な見方が一段と強まりそうだ。

 景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比19万2000人増と、前月の6万3000人増から増加幅を拡大。1月の就業者数も速報値(3万6000人増)から上方修正された。雇用市場の強さを示す指標となる民間部門の就業者数も22万2000人増と大きく回復した。

 就業者数の内訳を見ると、サービス部門が全体で15万2000人増と、前月の3万3000人増から大幅に伸び、雇用全体を支えた。製造業は3万3000人増、建設業も3万3000人増と堅調だった。政府部門は3万人減と4カ月連続で減少した。

 

comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 転職理由1位は「安い給料」51% インテージ調査・・・確かに・・・? | main | チャリティーTシャツ4枚買いました >>

スポンサーサイト

[ - ]
| - | - |