スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | 

失業率、過去3番目=5.1%で高止まり―求人倍率は0.52倍・10年平均・・・依然として厳しい

JUGEMテーマ:転職活動

依然として厳しい状況ですが、最悪期から比べると少し改善の兆しが見えるようです。
登録している転職サイトからのオファーも昨年の夏過ぎからかなり増えてきました。
少しずつですが、状況は改善していくものと思います。

私は大企業から中小企業に転職し、現在でも安定した生活と仕事をしていますので、
転職する気はありませんが、
このような不安定な時代で何が起こるか分かりませんので、
次の機会に備えて準備を始めようと思っています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110128-00000029-jij-pol
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
失業率、過去3番目=5.1%で高止まり―求人倍率は0.52倍・10年平均
時事通信 1月28日(金)8時43分配信
 総務省が28日発表した2010年平均の完全失業率は5.1%と前年同水準で、IT(情報技術)バブル崩壊後の02年(5.4%)、03年(5.3%)に次ぎ、過去3番目の高さとなった。また、厚生労働省が同日発表した10年平均の有効求人倍率は0.52倍。最悪を記録した前年から0.05ポイント改善したが、過去3番目に悪い水準だった。
 完全失業率は働く意欲がある15歳以上の人の中で、職がなく求職活動をしている人の割合。同時に発表された10年12月の失業率(季節調整値)は4.9%と前月比0.2ポイント改善した。改善は3カ月ぶりで、4%台に低下したのは2月(4.9%)以来。
 有効求人倍率は求職者1人当たり企業から平均何件の求人があるかを表す。12月の同倍率(同)は前月と同じ0.57倍だった。
 08年のリーマン・ショック後の不況を受け、失業率は09年7月に月間で最悪の5.6%を記録。雇用情勢はその後、最悪期こそ脱したが、10年の月間の失業率は年間を通して5%前後に高止まりした。
 厚労省は12月の失業率などの改善を受けて、雇用失業情勢の判断を「持ち直しの動きが広がりつつあるが、依然として厳しい状況」に上方修正した。上方修正は1月以来。ただ、同省は「新規求人数はリーマン・ショック前の水準に戻っておらず、改善の勢いに欠ける」として、今後の情勢を引き続き注視する考え。


comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 大卒の就職内定率68・8% 2年連続で過去最低・・・大卒でも・・・ | main | <就活>短期集中か「じっくり」か 先送り、賛否二分・・・確かに判断は微妙だが・・・ >>

スポンサーサイト

[ - ]
| - | - |