スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | 

<経団連>採用遅らせ検討 「3年生の1月以降」など数案・・・ようやく抑制か・・・

JUGEMテーマ:転職活動

 

明確な指針が出来ることは良いと思います。
これにより、少しは学生さんの就職活動の状況が良くなることを期待したいです。

企業側も、卒論や卒研の取り組み状況が少しでも分かった方が良いと思います。
実際の仕事も色々な課題に対して解決していくことが多いですから。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110106-00000006-mai-bus_all
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<経団連>採用遅らせ検討 「3年生の1月以降」など数案
毎日新聞 1月6日(木)2時30分配信

 大学生の就職活動時期が早まり、学生生活に影響が出ている問題で、日本経団連が、企業説明会などの時期を遅らせることを会員企業に求める方向で検討していることが5日、分かった。経団連が毎年改定し、企業の新卒採用の指針となる「倫理憲章」に明記することも想定している。月内にもこれらの方針を発表する見通しだ。

 倫理憲章は現在、「卒業・修了学年に達しない学生に対して面接など実質的な選考活動を行うことは厳に慎む」と定めている。しかし、法的拘束力がないうえ企業説明会など「広報活動」の開始時期が定められていないため、学生の実際の就職活動は大学3年生の秋ごろから始まっている。

 経団連では、広報活動の開始時期を現状より数カ月遅らせ、「3年生の1月以降」とする案など複数案を検討している。米倉弘昌会長は5日の記者会見で、「広報活動をできるだけ遅らせていくことも検討中だ。多くの企業や大学、学生が守るべきものにしたい」と発言。改定作業に入っている倫理憲章に盛り込む可能性を示唆した。

 大学新卒者の採用時期をめぐっては、商社の業界団体である日本貿易会が、広報活動の開始時期を3年生の2月ごろからに、4年生の春に始まる選考活動を4カ月程度遅らせる見直し案を経団連に提出。日本製薬工業協会も早期の新卒採用活動を自粛するよう会員企業に要請する声明を発表した。【宮崎泰宏】


 

comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 24年春入社の採用計画、110社アンケート 氷河期続く「横ばい」5割超・・・つらい現実 | main | 高島屋がリクルーター制度復活 欲しい人材獲得へ17年ぶり・・・好転へ期待 >>

スポンサーサイト

[ - ]
| - | - |